熟女出会い

福岡のかわいい方言!熟女人妻の愚痴出会い系サイト

熟女出会い系サイト

アラフォーオヤジのエッチな福岡熟女とのと幸せな体験

 

私は福岡県に住むアラフォーのちょっと若ぶったオヤジです。普段から熟女出会い系サイトはそれなりに使用しており一番はアダルト掲示板で熟女の割り切りの出会いに使用しています。

 

でも毎回そんなんじゃ面白みもないし、ただお金を払ってやるだけにもちょっと飽きてきたのでたまにはピュア熟女掲示板で若かりしころの恋愛をちょこっと味わってみようと思いました。

 

普段覗かなかったから知りませんでしたがアダルト掲示板とは違ってピュア掲示板はなんかいいですよね。アダルトはタイトルだけ見ればだいたいすぐ内容がわかってしまうんですがピュアは中身が気になる書き込みばかり。その中でちょっと気になった書き込みがあったので福岡在住の熟女に自己紹介かねてメールしてみました。

 

その子は、販売員の45歳の女性。年の差はかれこれ一回り以上。はっきり言って相手にされないだろうと思いながらのメールの送信でした。

 

でも彼女はしっかりとした対応でメールを返してきてくれました。返信があっただけでアラフォーのオヤジには驚きでした。それから何回かサイトでメールして意外や意外、意気投合です。結婚してからちょっと忘れかけていた甘い恋愛の始まりでした。言い方変えれば今話題のゲスな関係ですけどね。

 

彼女は、しっかり考えや意見をもっていて最近の大人の出会いSNSの熟女とはちょっと違った感じが良かったんンかもしれませんね。1週間くらいサイトで毎日メールでしました。もちろん私からは外でメールしようとは持掛けませんでしたよ。

 

アダルト掲示板で見つけた娘ならポイントがもったいないからすぐにLINEのIDや直メに持ちかけるんですけどピュア掲示板の熟女なんで向こうから言い出すまではサイトで疑似恋愛を楽しもうと決めていました。今考えるとサクラだったら最悪でしたけどね。彼女の方からLINEで話しましょうと持掛けてくれたんでそれからはLINEで毎日会話しました。

 

大人びた女性なんでLINEをする毎日が楽しかったですね。そしてひと月くらい経った頃飲みに連れて行ってくださいと言われたのでちょっと格好つけて大人びたバーに行きました。

 

待ち合わせは写真もお互いに交換していたので一目でわかりました。実際にあってあまりにオヤジでショックを受けないでねって事前に言っておいたからよかったのかどうかはわかりませんが彼女は笑顔でした。そして、かわいい。ホテルの最上階のバーでお洒落なカクテルで乾杯。いや、いい雰囲気です。しかし思っていた以上に可愛すぎる。大人の男性を演じるのも限界に達し、私の中の野獣が目覚め始めました。

 

ちょっと酔っぱらってきた彼女にボディータッチを混ぜつつ楽しく談笑。全然嫌なそぶりを見せません。
これって意外にこのままホテルに行ける??もうちっと酔っぱらってきたらシモ系の話題を振って彼女の様子を見る。電マって使ったことある??ないです。スッゴイよ!!使ってみようか??うなずく彼女。そのまま清算澄ましてホテルにレッツゴーですよ。

 

やっぱり熟女の裸は魅力が違う。私は、熟女好きなのです。そして、割り切りの娘とは違って恥じらいをもっている。
しかし、いざ電マを使用してみると恥じらいも吹き飛んでありえないくらい感じていました。
こういう娘の感じている姿ってエッチで興奮しますよね。

 

そのまま何回もイかせて私も気持ちよくさせてもらって久々に燃えるエッチをしました。それからは、俗にいうセフレってものになって月に2,3回のペースで会ってセックスを楽しんでいます。

 

彼女にも彼氏はいますが、私とのセックスのせいで彼氏には満足してないらしいですよ。結婚している私にはちょうどいい最高の関係を保っている熟女です。

 

 

諦めるのまだ早い!40代熟女の婚活!

 

2016年の調査では、
40〜44歳の未婚率は、男性:27.9% 女性:16.6%
45〜49歳の未婚率は、男性:21.5% 女性:11.7%  です。

 

40代(アラフォー)も男性の未婚率の方が高いですね。
40代(熟女)で未婚の場合、かなり婚活も厳しいものになるようです。
男性は、どうしても自分より年下の女性を好むためになかなか出会いが無いのです。
周りからは、理想が高いと言われるのも特徴です。
いくら晩婚と言っても40代で独身は、少数派です。
周りも既婚者が多くなって、家族や親類からのプレッシャーもあり、かなり肩身の狭い思いをすることが多いでしょう。

 

それは、女性でも同じです。40代熟女女性ともなると出産がなかなか難しくなってくる年齢です。
いろいろな葛藤があると思います。

 

もう、まったなしの婚活が必要です。のんびりしている暇はありません。
積極的に活動して、早く運命の相手を見つけなければなりません。
付き合う=結婚という事になる年齢なので、なかなか告白できないという男性がいます。
しかし、先の事を気にするのではなく、まずは恋人を作る事を考えて、気に入った熟女女性がいれば相手に気持ちを積極的に伝えた方が結果はいいようです。熟女出会い系サイト

 

30代熟女に人気の婚活サイト

 

30代が一番婚活や出会いを意識する年代だと思います。

 

2010年の調査では、
30〜34歳の未婚率は、男性:46.5% 女性:33.3%
35〜39歳の未婚率は、男性:34.6% 女性:22.4%  です。

 

この数字をどう見るかは、人それぞれ個人差があると思いますが、男性の方が未婚率が高いんです。
結婚できない男性がそれだけ多いと言うことですね。
30代前半の男性は、まだ、それほど結婚に焦りを感じていないことが多いです。
仕事もバリバリこなす年代に入り、そこそこのお金の余裕もできてくるころでしょう。
合コンの誘いもまだまだ、多いです。
同年代の男性もまだまだ独身者が多いので、焦る環境ではないのです。
しかし、この30代前半で彼女がいない場合、かなり焦るべきだと思います。
35歳を過ぎると急激に出会いも無くなってくるのです。
有名人でよく歳の差カップルがいますが、あれは例外中の例外で、年の差婚を期待している男性も婚期が遅れる傾向があるようでです。

 

女性に関しては男性よりも状況は厳しいと思います。それは出産という問題があるからです。
いくら晩婚と言ってもできれば、30代の内に子供を産みたいですよね。
結婚しようと思っている男性のほとんどは子供も欲しいと思っているので、女性の年齢が、30代後半になってくると出産の問題で、結婚対象から外す人が多いのです。
そういう意味でも、30代の女性は早めの婚活が必要になってくるのです。

 

自分のペースで出会えるネット出会い婚活

 

結婚したい!でも出会いがない…出会いの方法として浮かんでくるのがネット婚活、婚活パーティーと合コンではないでしょうか。

 

結婚式に参加すると二人の出会いの馴れ初めが「友達の紹介で」という人は多いと思います。その人たちの大半は合コンで出会っているということなんでしょうか。合コンで出会い結婚するという人もたくさんいます。しかし、彼氏・彼女が欲しいという時の合コンでカップルになり結婚するという人は多くいても、最初から結婚目的の合コンで結婚を勝ち取った人は多くはないはずです。

 

そこで結婚するために効率的なのはネット婚活や婚活パーティーで出会うことか、合コンで出会うことか…。どれも出会いであり、どの出会いにも結婚に向かう可能性はあります。しかし効率的なのは間違いなくネット婚活と婚活パーティーです。

 

結婚する人をあなたが選ぶ時に出てくる条件を考えてみてください。その人の雰囲気や人柄も大切ですが、職業だったり、年収だったり、年齢等々様々な希望的条件があるはずです。すぐにでも結婚がしたいのであれば、夢を追いかけるフリーターより条件で選んだ正社員として勤務をし、きちんとお給料をもらっている人、人並みの暮らしを結婚してもできそうな人のほうが結婚に近い人なのです。

 

また、ネット婚活や婚活パーティーであればお互いに結婚をしたいという意思のある20代〜40代の人が集まっているわけです。お互いに結婚相手を探しているわけですから、ネット婚活やパーティーで出会った人とお付き合いするということは結婚前提でのお付き合い、タイミングが合えばすぐにでも結婚をしようという人が多いわけです。合コンの場合にはそうはいきません。両想いになり。お付き合いをしたとしてもすぐに結婚するかどうかはわからないのです。

 

さらに。合コンで結婚相手を探そうとすると、友人に切実に悩みを打ち明けたり、周りに合コンを開いてほしい、合コンに誘ってほしいということを伝えなくてはなりません。なんだかとても焦っている雰囲気が出てしまいます。確かに焦ってはいるのですが、友人達に焦っているところを見せるのは恥ずかしいと思いませんか。

 

男性のほうがあなたのことを気に入ってくれてもあなたがあまり好みでなかった場合、断ってまた合コン開催のお願いをするのはちょっとしんどいですね。

 

ネット婚活やパーティーならば自分のペースで、自分の意見や直感を通しても誰にも迷惑は掛かりませんし、恥ずかしくもありません。効率的に結婚相手を探すのならネット婚活やパーティーがおすすめです。

 

 

熟女とのエッチな出会い

そうあれは、ちょうど2年前の秋のことです。僕は当時、資格試験の合格を目指してガードマンのバイトをしながら、勉強をしていました。

 

24時間勤務のガードマンという仕事は、定時の巡回を除いてはほとんどがガードマン室での待機時間です。資格試験の勉強をしながら生活費を稼ぐことのできるこのバイトは、貧乏の僕にはとても助かるアルバイトだったのです。

 

深夜2時、僕の勤務するオフィスビルは8階建ての中規模なビルで、この時間にビルに残っているのはすでに僕一人だけでした。それは巡回で確認済です。
僕は教科書を閉じ、懐中電灯を持ってオフィスに向かいました。

 

1階から6階まではスムーズなのですが、問題は最上階の8階、生命保険会社の結構物が多いフロアーなのです。
そこになんとオナニーをしている熟女を発見したのです。出会いがしらに目があって恐怖を感じました。

 

でも、よく見るといつも挨拶をしてくれる生保のおばちゃんなのです。 熟女ですが、きれいな感じでいいな〜と思っていたのです。それして、誘われるがままにエッチをしてしまいました。痴女プレイそのもので、半ば強制的な感じでした。
こんなことが仕事先にばれれば間違いなくクビです。

 

射精した直後、ペニスが膣から引き抜かれ、お腹の上にしぶきが降り注いでいたことだけは、何となく記憶に残っています。

 

そのときの私は身体が引きつるほどの痙攣が絶え間なく襲ってきて、まるで天国をさまよっているかのようでした。 とにかくこんな経験は初めてで、私はしばらく失神していたんじやないかと思います。気がつくと、その熟女もソファの上に仰向けになり、全身を汗まみれにしながら私を見ていました。
案の定、その熟女はふらふらと私の前に歩み寄ってきて、生唾をゴクリと飲み下し、私に抱きついてきました。
今でも私が当直の日には、禁断の大人の関係を続けているんです。

 

男と女の出会いはいろいろありますが、この出会いはそんなにないでしょう。

 

そして、毎週のエッチによって私のエッチテクニックは、だんだんと上達しその痴女熟女からお墨付きをもらってます。射精するまでの時間もある程度調節できるようになりAV男優並みだと自負しています。

 

そんな関係が1年たったころ彼女が会社を辞めて連絡が取れなくなりました。風のうわさで結婚退職だったらしいです。

 

女とは本当に怖い生き物だと心から思いました。でも、彼女のおかげで私は床上手になり一度エッチした女は必ずゲットできるようになりました。

 

また、別の熟女とホテルに行ったときは、舌が先端に絡みついてきたのです。しかも休む間もなく、もう1人の熟女さんのフェラチオがはじまりました。

 

正直なところ、同じゴルフ教室の生徒でも、彼女とはあまり話したこともありません。外見は垢抜けない普通の主婦という感じで、せいぜい名前ぐらいしか知らないのです。
なのにさほど親しくもない私のぺ二スを、同じように夢中になって?張っていました。しかもねっとりとしてかなりテクニックを持っています。

 

風俗嬢よりうまいです。彼女のフェラチオは、最初の熟女と比べてややおとなしめでした。舌使いも控え目で、ていねいに全体を舐めまわすような動きです。
その分、私もいくらか気持ちを落ち着かせることができました。元気いいね!アラフォー女性たちは笑いながらそんな会話を交わしています。

 

実際、私は彼女たちの肉の玩具のようなものでした。しかしいくら体をもてあそばれても、私にとっては苦痛どころか快感でしかありません。

 

身動きできない状況で女性たちから次々と犯され、その快感に耐えることが私にできるすべてでした。 挿入後の結合部分は、まるで失禁したのではと思うほど、全体が愛液でびしょ濡れになっていました。激しい腰の動きで、ペニスにも休みなく摩擦の刺激が与えられています。

 

SNSで出会った熟女が夢中になって腰を使っている間に、最後に待たされていた飛び入りの老婆が正面から私の顔をまたいできました。それには、さすがに驚きました。
そのまましゃがんでくると、私のすぐ目の前に股間が迫ってきました。びっしりと陰毛におおわれ、肉の谷間が大きく口を開いています。見るからに使い込まれた色と形をした股間から、かなり蒸れたにおいがしました。

 

いきなり股間ごと唇に押しつけてくるので、私はそこを舐めるしかありませんでした。かなりのマン草です。チーズの腐った匂いとはこのことかって感じでした。

 

舌を伸ばして股問の谷間をなぞると、頭上から熟女のため息が聞こえてきます。

 

腰が小さくうねり、陰毛まで顔にこすりつけられました。鼻まで塞がれた私は息苦しさに耐え、濃密なにおいを強制的に嗅がされながら舌を動かさなければなりませんでした。

 

下半身からは絶え間なく快感が押し寄せ名残惜しそうに腰を押しつけていました。さすがに2度目の発射を終えた後では、私もすぐには復活しませんでした。基本的に性欲はあまりない方だったのです。

 

それでも最後に待ち構えていた老婆はお構いなしとばかり、唇にぺ二スを含んで奮い立たせようとするのです。

 

少しでも硬さを取り戻すと、さっそく前の2人と同じように騎乗位で私とつながりました。そして、びっくりするくらいの高速で腰を振るんです。アソコがもげそうでした。
彼女の腰使いも究極に積極的で、体の上で巧みに上下運動を繰り返しました。溜まりに溜まった欲求不満を私にぶっけるように、喘ぎ声を響かせつづけたのです。
それから射精するまで、私にはどっと疲れを感じるほど長い時間でした。熟女出会い・私を抱いてくれますか?



ホーム RSS購読 サイトマップ